クズ宮崎議員の不倫相手宮沢麿由確定!元嫁加藤鮎子の真相が驚きだった

この記事は2分で読めます

ゲスではなくクズ議員宮崎謙介の不倫相手宮沢麿由の真相と

週刊文春が最近のスクープ記事、元嫁加藤鮎子についてまとめてみました。

驚きの真相が明らかに!

Sponsored Link

浮気相手のグラビアアイドル宮沢麿由の正体は

1981年生まれの34歳で2007年ミス湘南グランプリ受賞の経歴があり

テレビでの出演も今回の報道以外で見たことがありませんでしたが

なんとパフォーマンスmodeA(モードエー)のメンバーとして活躍しています。

その抜群のスタイルで宮崎議員がメロメロになったのでしょう。

いっぽうで鈴木亜美との不倫の噂もありましたが

やはり宮沢麿由で確定でした。

その証拠に浮気を確定したのがツイッターで

1月30日・1月31日に京都で旅行している“つぶやき”をしています。

もし宮崎議員と何もないのであればツイッターを消去する必要性がありますか?

消去することは宮崎議員と不倫したことを認めたことになります。

しかし、気になる点があります。

連日のように宮崎議員の育児休暇取得し不倫をしていた報道はありますが

不倫相手の報道がありません。

しかし普通は宮沢麿由の報道があってもいいはずなのに何故か報道されない。

 

むしろ宮崎議員の奥さんの自民党議員、金子恵美議員の報道はあります。

出会いのきっかけなどの報道しています。

長淵剛がやっているシャブ抜きの実態

Sponsored Link




週刊文春についても違和感を覚えます。

宮崎議員の不倫をスクープした週刊文春についての違和感は

最近、甘利大臣の献金問題など、大スクープを取り上げていますが

自民党潰しのように思えます。

芸能界のベッキーと川谷との不倫報道にしても

なぜこれほどまでに週刊文春なんでしょうか?

 

2016年なにか水面下で裏の動きが見えているように覚えます。

 

さて話を戻しますが

宮崎議員って元婿殿でした。

前嫁が加藤鮎子さんは元自民党議員の加藤紘一氏の娘であり

宮崎議員が前職日本生命いた2006年に結婚しており

加藤紘一氏のレールの沿った議員活動をする予定でしたが

妻加藤鮎子は元々、専業主婦になる考えもなく

自身も国会議員として活動したい働く女でした。

まったく方向性も違って3年で離婚したみたいです。

長淵剛がやっているシャブ抜きの実態

Sponsored Link




最近はゲスをよく使われます、ゲスではなく“ただのクズです”

国民の信頼を裏切る行為で女性をバカにしてるとしか思えません。

しかし私の意見は政治ってスキャンダルばかりで「日本は前に進んでるの?」と違和感を覚えます。

確かに“不倫、闇金”など悪いことはしてはいけませんが

揚げ足ばっかりとって政治が前に進んでないように思います。

不景気、TPP、北朝鮮問題、年金問題、雇用問題など、たくさんあります。

国民の生活が今後豊かになることはあるか本当に疑問に思います。

あなたはいかがお考えですか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP