ギター早弾きのコツと3つ練習方法

この記事は2分で読めます

今、ロックギタリストの中で多く使用されている“早弾き”

特にギターソロでは多彩な早弾きで聞く耳を奪うほどのテクニックだ。ギターを始めたら、誰もが憧れるその手法だが、やはり簡単ではない。

特に薬指、小指が同調し速弾きどころではない。今回は私がギター仲間から「上手い」と言わしめた

薬指、小指の「分解エクササイズ」をご紹介したいと思います。

ギター早弾きのコツと練習方法1

至ってシンプルなカニ歩き練習です。

まず6弦1F人差指、6弦3F薬指、5弦2F中指、5弦4F小指とセットする。

次に中指と小指はそのままキープしながら4弦1F人差指、4弦3F薬指とする。

続いて人差指と薬指はそのままキープしながら3弦2F中指、3弦4F小指とする。

後は2弦⇒1弦と下していく。イメージとしてはカニ歩きみたい感じです。

地道なエクササイズで非常に辛いが、薬指と小指を分解するには重要な要素です。

スポンサーリンク

ギター早弾きのコツと練習方法2

スローテンポで始め、いきなり速いテンポで始めると1音1音の質が悪くなります。

ゆっくり1音1音を確認しながら弾いてみましょう。

その際のポイントはメトロノームを使うことです。

よく早弾きは出来るがリズムに合ってないケースが多いです。

早弾きギタリストに重要なリズムです。

最近ではスマホの無料アプリにメトロノームがあるので

気軽に始めることができます。

音痴が劇的の上手くなる方法とは

ギター早弾きのコツと練習方法3

右手を意識しよう。

薬指と小指の分解トレーニングを始めると左手はある程度手応えを掴むことができますが

右手が速さに追いつかない症状が発生します。

その解決策としてはスローテンポで始めることは大前提ですが

一連のフレーズのスタートを

ダウンピッキングから始めるか?

アップピッキングから始めるか?

考えてみてください。

ダウンからスタートすると思われがちですが

意外とアップからスタートすると、しっくり弾けるケースもあります。

ピックも種類がたくさんありますが、おすすめは“ジャズ型”です。

ティアドロップ型より小さく先端がシャープなので、激しい速弾きにも対応できますし

多くのロックギタリストが愛用しています。

ぜひ機会があったら試してみてください。

スポンサーリンク

ギター早弾き 有名人

ギタリストは基本を忠実にする。

私がぜひ、コピーして頂きたい厳選ギタリストをご紹介します。

JanneDaArc you氏

早弾きはもちろん、ライトハンド、スウィープピッキング、8フィンガーなどテクニック満載のギターソロで魅了します。

私は実際にライブなどで拝見していますが、多大な影響を受けています。その中でもyou氏、本人がyoutubeにアップしているカノンがおすすめです。やはり基本に忠実なので1音1音がきれいです。

新庄剛志の劣化がやばい!覚醒剤の疑惑の真相

A True Voice 

バンドスコア you/LIFE~the first movement~ (バンド・スコア)

中古価格
¥1,826から
(2016/2/15 22:46時点)

LIFE~the first movement~(初回限定盤)(DVD付)

中古価格
¥1から
(2016/2/15 22:47時点)

速弾きギタリストへの道

ギタリストとして早弾きは魅力の1つです。しかし基本ができてないと、ただの自己満足です。

地道ですが“練習あるのみ”です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP