熊本・大分大震災の真実 被災者からの苦痛の叫び

この記事は2分で読めます

まず今回の地震で亡くなられた方のご冥福うぃお祈りするとともに

被害にあった皆様が1日でも早く元の生活へ戻れるよう願っております。

Sponsored Link




マスコミは悪者

多くの方が被災地の状況をテレビで見ることが多いと思います。

実際に私もテレビをみながら現地の被災状況を確認していました。

しかしマスコミって本当は視聴率稼ぎなのか?と疑問に思います。

被災地からのインスタ・フェイスブック・ツイッターを見ると…

実はマスコミは被災地の映像を届けるためヘリコプターからの中継をしています。

そこに多くの疑問と問題点が浮き彫りになっています。

物資を届けることができない

今、交通網としては公共機関で熊本、大分へ行くことは困難です。

ヤマト運輸、佐川急便なども配達、集荷を見合わせている状況です。

車での移動は道路の状況、渋滞なども考慮すると厳しいです。

そこでヘリコプターを使い物資を届けたいのに、マスコミがヘリコプターをほぼ独占状態です。

現に高須クリニック院長も物資をヘリコプターで届けるようですが…

Sponsored Link




眠れない被災者

多くの方は避難所での生活をしています。

今までの生活とは違ってストレスが限界です。

睡眠というより仮眠です。

夜になると不安などから眠れない日々が続く中

昼には中継ヘリコプターが上空を飛んでいて、かなりの騒音です。

特に赤ちゃん昼間も寝ますしので迷惑極まりないです。

さらに自衛隊が捜索するも、上空をヘリコプターが飛んでれば、騒音で声が届かない状況です。

何のための報道なんでしょうか?

本当に被害にあった方を思うと中継ヘリコプターは1機し、その他は支援物資を届けるなどあってよくないでしょうか?

被災地の現状、専門家を呼んでの地震の経緯など…

ただの視聴率稼ぎとしてかいいようがありません。

おそらく数年後に『被災地は今』みたいな同情をかう放送するでしょう。

Sponsored Link




今、必要なのは

物資の調達と少しでも避難所で休息をとることです。

今やSNSなどの情報網もあります。テレビばっかりではないので少しは協力をしてほしいです。

今すぐテレビ局はヘリコプター、過度な中継車など辞めてください。

中継車のガソリンを入れるくらいなら、車で避難されている人へ給油してあげてください。

マスコミが被災地へ行かなければ少しでも渋滞は削減されます。

本当にお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP