なぜか嫌い!大宮エリーの父親は金持ち?旦那は韓国人の真相

この記事は2分で読めます

7月28日19:00~放送の「プレバト才能バトル」の主演した大宮エリーさんについて調べて見ました。

1.大宮エリーのプロフィール

スポンサーリンク

  • 名前:大宮恵理子
  • 誕生日:1975年11月21日
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:A型

2.大宮エリー父親をきっかけに東大薬学部卒業

実は大宮エリーさんは父親が病気した際、私が薬学部に入って、薬を学び作りたいという思いから、東京大学部薬学部へ入学する経歴です。大宮エリーさんって頭良いですね。

3.大宮エリーは元電通社員

東京大学薬学部を卒業し電通へ入社しライター・CMプランナーとして活躍する。しかし、そのまま薬剤師の道もあったにもかかわらず電通とは、大宮エリーさんらしといえば、それまでですが…2006年に大宮絵エリー事務所設立し、幅広いジャンルで活躍されております。

人気記事⇒羽生結弦はゲイ説!気になる彼女(ゲイ)は高橋大輔の真相を徹底調査

4.大宮エリーの旦那さんは韓国人

スポンサーリンク


ネットでの噂では、大宮エリーさんの旦那は韓国人と囁かれていますが、真相は微妙です。大宮エリーさんは独身の可能性が高いですね。

5.大宮エリー松本人志とドラマ共演

日本テレビ系で放送中のドラマ「連続ドラマ小説 木下部長とボク」の第2話(1月21日[木]放送)に、ダウンタウン・松本人志が「何茂(なにも)専務」役で友情出演することが分かった。連続ドラマ初主演の板尾創路とは数々のバラエティー番組で共演し、大みそか恒例の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」での“笑ってはいけないシリーズ”でも毎年共演するなど、お笑いの同志としても知られている。

「連続ドラマ小説 木下部長とボク」は、大宮エリー氏が脚本・演出を担当するヒューマン・コメディー。大手広告代理店を舞台に、木下部長(板尾)がマイペースながらも数々の奇跡を起こしていく姿を描く。

第2話では、木下が部長を務める「木下部」は、木下の同期・君島(宅麻伸)の「君島部」と共に、取引先の越前商事が開発した新商品の広告コンペに参加するよう接待を命じられる。木下は部下に500円玉を配り、「夜10時ごろ越前商事に電話して残業している人とラーメンを食べてくるように」と謎の指示をするというストーリー。松本は、その越前商事の何茂専務として登場する。かつらをつけて、スーツ姿やバスローブ姿を披露している。

また、同ドラマの共演者には、若手芸人のしずる・池田一真をはじめ、ココリコ・田中直樹、ジャリズム・山下しげのりらの芸人勢のほか、津田寛治、高橋ひとみ、宅麻ら役者勢も脇を固める。また、各話にスペシャルゲストも出演する。第1話では“イケメン”役としてチュートリアル・徳井義実が出演した。また、板尾はミュージシャン・南こうせつと組んで、ユニット“板尾こうせつ”を結成し、同ドラマの主題歌「君とボクと」(3月10日[水]発売)も担当している。

出典http://news.livedoor.com/article/detail/4550874/

話題記事⇒大谷翔平ホモ・ゲイ説!さらに童貞疑惑を徹底調査!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP