【動画あり】9月4日放送真田丸犬伏を見逃したあなた必見!

この記事は1分で読めます

スポンサーリンク

9月4日放送のNHK大河ドラマ真田丸。今日重要な放送となります。それが「犬伏の別れ」真田家が存続することを第一条件とした内容となっています。9月4日を見逃したあなた必見です。

1.9月4日真田丸のあらすじ

上杉討伐に燃える徳川家康。もはや豊臣家を奪う勢いだが、それを許さんが石田三成なりです。上杉を討伐する間に大阪城に残る徳川勢を奪い、それを転機にし勝利を奪おうとする作戦だが、なんと小早川秀秋に使える、板岡部江雪斎(元北条家家臣)が徳川家の間者だと衝撃の発言をする。そして細川ガラシャは迫れらることを知り、細川家に火を放ち死ぬ。ここで逆転する。捕えるつもりが細川ガラシャの死により真田家も想定外となる。怒った徳川家康はそのまま上杉討伐するのか?伏見城に帰るのか?そこで真田家が驚きの策にでる。兄信幸は徳川家につき、昌幸、信繁が豊臣家につくという戦法!どちらにせよ真田家は生存するという苦肉の策!

スポンサーリンク

2、真田丸9月4日放送動画35話

お待たせしました。35話真田丸見どころ満載です。

真田丸 犬伏の動画はこちら

どのような感想をお持ちでしょうか?真田丸を見るかがり徳川家康につくほうが良いと思います。昌幸の徳川への恨み、信繁の豊臣家への忠誠心もわからのですが、今回の犬伏は真田家存続は目的であれば徳川家康ではないかと考えます。しかし一度決めた以上変わりません。次の真田丸が楽しみです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP