【動画】10月16日真田丸41話!昌幸に変身し入城した意図とは?

この記事は1分で読めます

信繁は一大決心をする。それは大阪城へ行き、豊臣家へお見方する。

スポンサーリンク

しかし、徳川家康は豊臣と決戦するにあたり、真田は九度山から出してはならぬ。見張りを強化すよう命ずる。

信繁の脱出方法は、九度山で真田紐が有名となったので、お礼に祝賀会をしたいと村人を呼び酒を振る舞う。

さらに見張り役にも、今日は特別ですからだと酒を振る舞う。真田家が宴の合間に脱出する。しかし途中で見張り役が気づき、あわてて後を追うが、もう遅かった。

1.服部半蔵出現

さて信繁が脱出したことを知った家康は服部半蔵を刺客として用意する。途中、休憩のため入った城へ送り込んだ。しかし佐助は見逃さなかった。服部半蔵の暗殺は未遂に終わった。

2.信繁入城

入城する際、日中に堂々と行くと決めた信繁だが、なぜか髪を白髪にし杖へ持ち、まるで亡くなる前の昌幸のようだった。入城後、みなが九度山での生活を同情する一方で豊臣秀頼と合う際は、白髪などを一切やめ、きちんとした格好で会う。

スポンサーリンク

3.信繁の思惑

家康へ白髪の杖をついた老人が入城したと情報が入る。家康は一番恐れていたことが起きたのかと考えた。それは「昌幸が生存しているのではないか?」すぐさま「入場した名前を調べさせた。」

豊臣方には百戦錬磨の真田が味方についたと一気に士気が高まっている。

4.真田丸入城41話動画

真田丸を見逃したあなた必見!U-NEXTで見たいとき1話~最新作まで動画を楽しくむことができます。その他のドラマ、バラエティーなど番組も豊富です。

⇒今なら31日間無料視聴!U-NEXT詳細はこちら

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP