『フジテレビNEXT配信』AAAツアーFANTASTICOVER東京ドーム公演の詳細

この記事は2分で読めます

2016年11月16日にdTVにてAAA東京ドーム公演ツアーFANTASTIC OVERの生配信で注目を集めましたが、今回、最新情報が入りましたのでお届けいたします。

1.AAAフジテレビNEXTで配信

fantasticover2

今回フジテレビNEXTでAAAのライブ映像が放送がフジテレビNEXTバージョン動画でお届けとなります。

1-1.配信日時

  • 2017年1月27日金曜日19時~21時LEAPOVER 幕張メッセ
  • 2017年1月27日金曜日21時~23時FANTASTIC OVER 東京ドーム

まさに1月27日はAAA祭りですね。

スポンサーリンク

2.FANTASTIC OVER東京ドームセットリスト

fantasticover4

  1. LEAPofFAITH
  2. 愛してるのに、愛せない
  3. SHOUT&SHAKE
  4. Charge&Go!
  5. LOVER
  6. ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女
  7. Miss you
  8. 恋音と雨空
  9. さよならの前に
  10. Jewel
  11. Eighth Wonder
  12. GAME OVER?
  13. NEW
  14. 涙のない世界
  15. Next Stage
  16. PARTY IT UP
  17. Yell
  18. ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
  19. Getチュー!
  20. MUSIC!!
  21. Love

ちなみFANTASTIC OVER東京ドームでは西島隆弘ことニッシーが、今話題のピコ太郎のPPAPのネタをしますよ。

末吉秀太がMC中、いきなりボイパを始め、そこにニッシーと與真司郎がPPAPのネタを始めるんですが、それが相当爆笑です。

小ネタですが、ピコ太郎(古坂大魔王)とAAAはエイベックスの同期で、過去から仲良しみたいですね。

スポンサーリンク

3.フジテレビNEXTでAAAを見るには

スカパーにフジテレビNEXTがあります。そのためスカパーと契約することが必須です。

スカパーの登録方法やメリット、料金などを紹介します。

3-1.スカパーのメリット

最大のメリットはdTVと違って、テレビで見れるのでHDDレコーダーをお持ちであれば録画ができます。そのため1月27日が都合が悪くなってもAAAを見ることができますし、何回でも東京ドーム公演ツアーFANTASTIC OVERを楽しめることができるのが最大のメリットです。

3-2.登録方法

cs

テレビがスカパーCSに対応しているか確認しましょう。テレビのリモコンにCSボタンがあればOKです。

液晶テレビ、プラズマテレビではあれば、ほぼスカパーが見れるのが実情です。

3-2-1.マンションにお住まいの方

分譲、賃貸マンションなどはスカパーがマンション全体に対応しているケースがよくあるので確認しましょう。

その方法簡単ですので下記の写真のように操作してください。

cs-1

もしマンション全体が対応していない場合は、一軒家の同じようにベランダへ設置するようになります。

3-2-2.一軒家にお住まいの方

anntena

アンテナをご自身で設置することもできますが、アンテナの方角、ケーブルの接続など手間ですので現在スカパー加入キャンペーンを利用しましょう。

キャンペーン期間 2017年3月31日

アンテナ・標準工事18,600円が10,000円で提供してもらえます。標準工事の詳細ですので下記をご覧ください。

hyoujyunn

3-3.フジテレビNEXTの金額(料金)

月額どのくらい必要なのでしょうか?実際、私がスカパーに加入していますので、ご紹介します。

スカパー基本料金421円+フジテレビNEXT1296円=1717円です。

話題記事⇒EMODA×AAA宇野実彩子コラボIphoneケースの詳細

まとめ

fantasticover1

私はdTVでFANTASTICOVERを視聴しましたが、やはりスマホを片手で持ちながら視聴中、電話がかかってきて痛恨でした。やはりテレビで見ることがベストですね。ちなみにdTVのプレゼント応募しましたが無理なんだろうな~

ちなみにAAA東京ドーム公演ツアーFANTASTICOVERのMCでリーダー浦田くんが『来年(2017年)全国ツアーできたらいいなー』って言ってましたので期待を膨らませている私でした。

関連記事⇒西島隆弘父親と不仲説!札幌工中退の真相!実家は札幌市のどこ?徹底調査

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP