松坂大輔覚醒剤(薬物)疑惑で逮捕間近!?体重増加と引退の真相にあるモノとは

この記事は2分で読めます

かつての『平成の怪物松坂大輔』は苦しんでいた。日本復帰後も思うような結果が残せずいた。今回松坂大輔覚醒剤(薬物)で逮捕間近の真相と引退説、嫁柴田倫世との離婚の真相について、お調べしました。

1.松坂大輔体重増加の真相

daisuke

全盛期の松坂大輔選手の体重は80キロ前半をキープしていました。

現在の悲惨な松坂大輔選手の体重ですが95キロ近くあるみたいです。その原因となるのが、肩、肘の故障でリハビリ中の暴飲暴食が体重増加の原因ではないかと言われています。

1-1.松坂大輔のお腹がやばい

matsusaka

上記の画像を見る限り、お腹回りが太りすぎてますね。ステーキ腹なんですかね?この状態を見る限り、プロ野球選手の体ではないですね。

2.松坂大輔の現在

rakutenn

今シーズン楽天戦に登板するも、昔のような怪物はいませんでした。

度重なるケガで、納得のいくシーズンがおくれない松坂大輔選手ですが、2016年のオフに復活をかけてウインターリーグへ志願しプエルトリコへ派遣されます。やはり温暖なプエルトリコで登板回数を増やすことで、復活といった流れでしょう。ウインターリーグは基本的に二軍へ在籍する若手を派遣するケースが多く、松坂大輔選手の2017年にかける思いが伝わってきます。

スポンサーリンク

3.松坂大輔覚醒剤(薬物)疑惑

しかし、プエルトリコに行くのは、違った意味があるのではないか?とネットで話題を呼んでいます。

その真相とは松坂大輔選手の体重増加の原因は覚醒剤(薬物)で激太りしたのではないかでした。そして警察から目をつけられ逮捕疑惑まで浮上し雲隠れ、シャブ抜きをするのではないかとも言われています。過去、清原和博容疑者が覚醒剤で逮捕されたことで、現役時代も覚醒剤を使用し、ホームランを打ったなどと現役中に覚醒剤(薬物)の使用が報道されており、プロ野球選手の疑いも払拭できないはずです。

言われてみれば、3年契約でソフトバンクホークスに入団して以来、全く活躍できていないのにもかかわらず高額な年俸もあり、松坂大輔選手自身も相当なストレスがあると思います。そんなプレッシャーを回避したい理由から覚醒剤(薬物)に手を出すことも考えられます。

松坂大輔選手の覚醒剤(薬物)を信じたくありません。

関連記事⇒清原容疑者がやっているシャブ抜きは広島県にあった

スポンサーリンク

4.松坂大輔嫁と離婚説

shibata-tomoyo

お嫁さんは元日本テレビアナウンサー柴田倫世です。しかしネットでは『サゲマン』などと言われており、その真相をお調べしたところ、松坂大輔選手がソフトバンクホークスに復帰した際も、アメリカの残り、松坂大輔選手は単身赴任となっているようです。しかも柴田倫世さんの出身地は福岡県筑紫野市と地元なので、帰国してもよさそうな気もしますが、アメリカを選びました。そんな家庭のストレスもあって体重増加に繋がったのかもしれませんね。また覚醒剤(薬物)疑惑が浮上したのでしょう。本来、プロ野球選手の嫁は体調管理をする大きな役割を持ってます。36歳になる松坂大輔選手は特に若い頃と違い、体のメンテナンスは必須です。そんな状態で単身赴任は相当辛い現状です。そのため離婚説もネットで出始めたのでしょう。

お子さんも3人いるので、育児も大変なのかもわかりませんが、アメリカを選ぶ柴田倫世さんの心境ってどんな感じなのでしょうか?

関連記事⇒大谷翔平は在日韓国人説を徹底調査!韓国の反応は祖国の英雄扱い!?

5.松坂大輔の引退

高校時代から150キロを超えるストレートとキレのあるスライダーが持ち味でしたが、もう無理でしょう。投球スタイルを模索中なのかもわかりませんね。しかし松坂世代といわれる選手でも、いまだに活躍しております。それがソフトバンクホークスの同僚、和田毅投手です。引退の文字が頭をよぎりますが、まだまだ頑張って頂きたいですね。

川崎宗則の愛車はポルシェ911!腕時計はヴァシェロン!グローブはミズノと契約していた

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP